アトピー治療法

なぜアトピーになるの

昔、アトピー性皮膚炎なんて言葉聞いたことがありませんでしたが、今は多くの方が悩む疾患となっています。 大人になってからもひどいアトピーで食事制限を行ったり治療が必要だったりと、本当に苦労が絶えません。

アトピーというのは、良くなってみたり、悪くなってみたりを繰り返すのが特徴です。 皮膚の場理科機能が弱い方に多く発症し、湿疹やかゆみなど辛い症状が特徴的な症状です。 通常、慢性化し乳幼児以外は半年以上、乳幼児の場合2か月以上継続すると慢性化したアトピーとして判断されます。

なぜアトピーになるのか、というと、バリア機能が弱いという事と免疫の過剰反応が原因です。 人間の体は体の外部から侵入してきた悪い奴と戦うために免疫反応を持っています。 外敵を撃退するためにある免疫反応はウイルスや細菌から身を守るためにあるのですが、この免疫が過剰反応し撃退する必要がないものにも反応してしまうことで、湿疹やかゆみが起こってしまうのです。

このほかにも皮膚に長期間強い刺激があったり疲労しているなどが原因となりアトピーを発症することもあります。 皮膚への刺激はダニ、ほこり、カビなどです。 これらに対してこするなどするとそれが刺激となって炎症を起こします。 慢性的、また繰り返しが多いアトピー性皮膚炎は炎症を抑える、また悪化させないことがポイントとなります。 これからアトピーの治療で良く利用されるステロイドについて、また免疫抑制や部位ごとに利用したい薬剤などを詳しく紹介します。

アトピーとステロイド

アトピー治療で一番良く利用されるのがステロイド外用薬です。 炎症を抑えるために利用する外用薬ですが、非常に強い効果があるお薬と弱いものに分けられます。 非常に強いのがストロンゲスト、次にベリー・・・

アトピーと免疫抑制

アトピー性皮膚炎の治療には免疫抑制外用薬が利用されることもあります。 強さはステロイドの炎症を抑える強さと同等とされていて、ストロンゲストからウィークまで段階があります。 ステロイドとは違い皮膚が薄くなる、また血管が網の目状に見えるという・・・

アトピーと部位

アトピーの治療によく利用されるステロイド外用薬ですが体の部位によって吸収率が違います。 免疫抑制外用薬の場合、手のひら、足の裏などの皮膚が厚い部分への吸収力が悪いという事がわかっています。 腕の内側の吸収率を1とした場合、ステ・・・